無添加のベビーワセリンも体質によっては合わないことがある

レディ

症状の悪化

ウーマン

低刺激性で大人のスキンケアにも使用できる

ベビーワセリンとは赤ちゃんにも使用できるワセリンの一種で、低刺激性のため乾燥肌や敏感肌の大人にも使用されています。このベビーワセリンを赤ちゃんに使用する用途としては、乾燥の防止と肌のバリア、おむつかぶれの防ぐといった用途になっています。しかし、一部の赤ちゃんで、おむつかぶれの症状がベビーワセリンを使用したことにより悪化してしまったということもあるのです。なぜ、ベビーワセリンを使ったことで症状が悪化したのか考えてみましょう。

おむつかぶれの仕組みとワセリンの使用方法

おむつかぶれは基本、臀部に汗をかくことで、その汗がおむつ内で蒸れたりかぶれたりすることによって引き起こされるものです。それに対して、ベビーワセリンは肌をコーティングする用途で使用されています。もし、赤ちゃんの患部が清潔でない状態でベビーワセリンを使用するとどうなるでしょうか。コーティングされた内側から症状が悪化していくことが考えられます。このようにベビーワセリンを使用するタイミングを誤ってしまうとおむつかぶれを悪化させてしまうことにも繋がりかねます。

適切なワセリンの使用量と注意点

またベビーワセリンの量にも注意すべきです。人の肌は皮膚に無数に存在する孔から細かな水蒸気が出ています。しかし、ベビーワセリンを多量に塗るとその孔から出る水蒸気を閉じ込めてしまい、それが続けば不衛生な状態になります。また、お風呂に入れてベビーワセリンを綺麗に落としたと思っていても、大量に塗ってしまうとそれが水を弾きしっかりと洗い流せないこともあるのです。このようなことがあるのでベビーワセリンを使用したから、ではなく使うタイミングと量を誤ってしまったということがいえます。ただし、赤ちゃんの体質によっては向き不向きがあるためその点は注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加